DM発送代行に依頼してダイレクトメールを届けてもらおう

ダイレクトメールって?

自宅の郵便受けを覗いてみると、契約しているサービスや一度利用した宅配ピザ店などから、封書やハガキが来ていたという経験をしたことのある方は多いでしょう。これらはダイレクトメール(DM)と呼ばれる投函型広告です。一見するとチラシと違いがあるようには見えませんが、実はチラシよりも特定の顧客に特化した広告となっているのです。では、DMとチラシの詳しい違いについて見ていきましょう。

ダイレクトメールとチラシの違いとは?

チラシ

紙媒体の広告手段としてかなりメジャーなチラシは、主に「不特定多数の方」に配られる広告となっています。もちろん配るエリアや配り方に応じてある程度のターゲッティングはされていますが、「大まかに狙いを定める」程度であり、特定の顧客に対してPRするケースは少ないです。「顧客に広告する」というより、「潜在的顧客に広告する」という目的のほうが強いのが、チラシの特徴と言えるでしょう。

ダイレクトメール

一方、チラシに比べてよりターゲッティングを綿密に重ねた広告がDMです。DMはチラシとは違って、路上などで配るものではなく、特定の住所に直接投函していく場合がほとんどです。例えば宅配寿司やピザ屋がDMを配布する場合は、それぞれの店舗の配達圏内や、一度でも宅配サービスを利用した家庭に向けて配布を行います。また、化粧品メーカーやエステサロンがDMを配布する場合も同様に、一度でもサービスを利用・購入した方に向けて配信するケースがほとんどでしょう。
このように、不特定多数ではなく「特定の顧客・潜在的顧客に狙いを定めて広告する」のがDMの特徴だと言えるでしょう。

[PR]
ダイレクトメールなら企業宣伝ができる!
優良業者をカンタン検索☆

ダイレクトメールのポスティングはDM発送代行に依頼しよう

ハガキ

どんな商材と相性がいいのか?

DMは上記のような性質から、ある程度商材を選ぶ広告法となっています。例えば少しでも多くの方に来てほしいイベントや祭りの場合は、DMではなくチラシで広告する方が効果的にPR出来るでしょう。ターゲットを絞らず、できるだけ多くの方に配布したい場合はチラシを選択したほうが無難です。
それに対し、エステサロンや健康食品といった女性をメイン顧客とした商材をPRする際には、DMの方が効果的です。また、ネット通販のユーザー登録をしている顧客に向けてキャンペーン情報を配信すれば、キャンペーン期間の利用者数アップに繋げることが出来るでしょう。
このように、ある程度顧客層がハッキリしてる物をPRする際には、DMが良い広告手段となってくれるでしょう。

ハガキ

どんなダイレクトメールが効果的か

DMはチラシに比べて配る枚数が少なくなるため、刷る枚数を抑えて浮いたコストをDM自体のクオリティアップに注ぐことが出来ます。そのため紙質を良くしたり、ビニールで包装したり、カラープリントにしたりとDM自体のクオリティを高めることが集客力アップに繋がります。
また、宅配サービスやエステなどのDMでよく見られるのが、クーポン付きのDMです。DMに商材の利用料金を減額するクーポンを添付し、そのクーポンに有効期限を設けることで、顧客は「期限中にクーポンを使いたい」という気持ちになります。こういった「顧客の気持ちを誘導する」DMを作ることで、広告効果をより高めることが出来るのです。

テレビ広告の相談

[PR]
低コストのDM発送代行業者!
物流コストをグッと節約☆

正確にポスティングしてもらうには

上記のように、DMは入念なターゲッティングを行い、的確にターゲットの元へ届けなければいけません。そのため、顧客の元へDMをポスティングする作業は、DM発送代行を請け負う会社に依頼すると良いでしょう。発送代行を請け負う会社に依頼することで、素早く・的確にターゲットの元へとDMを届けてもらうことが出来ます。DMはチラシに比べると印刷部数も少ないため、発送先のミスなどが広告効果に強く影響します。そのため、できるだけミスの少ない、プロの発送業者にポスティングを依頼する事が重要なのです。

[PR]
DM発送業者を利用
費用の見積もりが一括で頼める

ダイレクトメールに挑戦