屋外広告の力とは?~看板や横断幕を活用しよう~

看板や横断幕を利用して不特定多数にPRしよう

屋外広告の重要性

街中で目にすることの多い看板やディスプレイなどの屋外広告は、昔から今まで利用される安定感の強い広告です。商品・サービスにかかわらず様々な物をPR出来ることから、どんな企業でも利用するメリットの大きい広告手段と言えるでしょう。

特徴的な屋外広告TOP3

色見本
no.1

看板

屋外広告には様々な種類がありますが、一番わかり易いものは看板でしょう。看板には店頭に設置し店の存在をアピールするものや、ビルの壁面に設置し外側からでも店舗や会社をPR出来るもの、特定のスペースに設置してPRするものまで様々なタイプがあります。
サイズもピンからキリまでありますが、ビルの屋上に設置する大型看板などを利用すれば、そのPR効果は絶大なものがあるでしょう。人通りの多い繁華街や交差点などに看板を設置することで、不特定多数の方に商材をPRすることが出来ます。

no.2

大型ディスプレイ

都心部の交差点や広場など人通りがかなり多いエリアに設置される屋外広告が、大型ディスプレイを用いた動画広告です。動画広告は文字通り「動く広告」なので、一般的な静止画広告に比べて視界に入りやすいのが大きなメリットと言えるでしょう。また、大型ディスプレイは一つの広告スペースで複数の会社・商品などをPR出来るため、ターゲットに関わらず興味関心を惹きやすいという特徴もあります。

no.3

横断幕

横断幕も立派な広告です。こちらは設置場所を選ばず撤去も簡単なので、同窓会やイベントの告知といった、短期間の広告として利用されることが多いです。伝えたい文字情報だけを書いたシンプルなデザインのものも多いため、広告内容のデザインから設置まで、時間も費用もかからないのが魅力となっています。

屋外広告の力とは?~看板や横断幕を活用しよう~

色見本

場所によって異なる広告効果

屋外広告を出す際に注意すべきなのは、「どこに広告を出すか」ということです。例えば「◯◯まで何メートル」と店舗までの距離を示す広告を出す場合、その距離があまりに遠すぎると、広告としての価値が薄れてしまいます。また、居酒屋などが軒を連ねる繁華街で学生塾の広告を出しても、広告費に見合った効果を得ることは難しいでしょう。このように、広告は設置する場所を吟味することが重要です。

インク

不特定多数にPRできる

屋外広告は高速道路やハイウェイに向けて広告を出すことも出来るため、チラシでは対応できな場所でもPRすることが可能です。「その場所を通る人全てに対してPR出来る」ため、不特定多数にPRしたい際には非常に効果的な広告と言えるでしょう。

ターゲットの幅に縛られない広告を

このように、屋外広告は不特定多数の方にPRする手段として効果的です。ピンポイントに狙い撃ちするのではなく、通行量の多い場所に広告を設置することで、ターゲッティングから漏れた層を顧客にすることも可能なのです。設置する際には、広告スペースを管理する会社や広告主に連絡を取ると良いでしょう。