強い影響力を誇るテレビ広告を活用しよう!

顧客の心をグッと掴む効果的なテレビ広告とは?

広告の手段は多種多様

広告と一言で言っても、その手段は多種多様です。昔ながらの看板広告や雑誌広告はもちろん、新聞に掲載される新聞広告や、ネット上でのみ閲覧可能なネット広告など様々な広告手段を選べる時代となっています。そんな広告手段の中でも、ここ50年ほど主流となっているのがテレビ広告です。

効果の高い広告媒体ランキング

no.1

テレビ広告

テレビが普及してから、一線級の広告として市場の中心となっていたのがテレビ広告、すなわちCMです。番組の合間合間に商品やお店のCMを流すことにより、不特定多数の視聴者に商材などをPRすることが出来ます。また、テレビは高齢者から子供まで世代に関係なく普及しているメディアなので、対象となるターゲット層も広く、日本中に広告可能な媒体となっています。

no.2

ネット広告

ここ20年ほどの間にメキメキと伸びている広告媒体がネット広告です。WEBサイト上に表示されるバナー広告や動画の再生前に表示される動画広告は、かなり活気のある広告だと言えるでしょう。ネット広告のメリットは正確にターゲッティングが可能な点で、ビッグデータや閲覧履歴を用いた分析により、その商材を本当に求めている方に向けて、ピンポイントな広告が可能です。

no.3

交通広告

電車やバス、タクシーといった公共交通機関の中に設置できる交通広告も、学生から社会人まで幅広い方に向けた広告となっています。公共交通機関を利用している時間は空き時間となるため、「スマホをいじるかどこかを眺めるか」という2択の行動を取らざるをえない場合が多いです。そんなとき、後者の「どこかを眺めている人」の視界に広告が入ることで、売上につなげることが出来るでしょう。

強い影響力を誇るテレビ広告を活用しよう!

スタジオ

CMを見てもらえる機会は多い

ここ数年テレビの視聴率が下がっていると言われているため、テレビ広告の効力も失われてしまったのでは、と考える方もいるでしょう。しかし実際には、昔に比べてCMを放送する時間も増えているため、CMを見てもらえる機会はむしろ増えていると言えるかもしれません。

ターゲッティングも可能

また、テレビは時間帯によって視聴者層が分類できるため、比較的ターゲッティングも容易な媒体と言えるでしょう。例えば若い女性向けの化粧品をPRする場合には、21時から23時の時間帯にCMを放送するのがベストです。これらの時間帯はドラマの放送時間帯と被るため、女性視聴者に向けて広告を出す際には有効な時間帯と言えます。また、子供向けの商品をPRする際には、土日の朝7時から10時程度の間にCMを放送するのが効果的です。

どんなCMを作ればいい?

テレビ広告を初めて出す場合、どんなCMを作ればいいのかわからない場合も多いでしょう。しかしCM制作は主に制作会社に依頼する場合がほとんどなので、心配はいりません。経験豊富なCMディレクターと会議を重ねながらCMのターゲットや内容を決めていくことになるので、広告費を無駄にすること無く効果的な広告を打ち出すことが出来るでしょう。

視聴者が語る、印象に残るCMとは?

好きな芸能人が出ているCM(20代女性)

好きな芸能人が出ているCMはどうしても気になってしまいます。特にアパレル系のCMとかは、好きなモデルが出ているとどうしても欲しくなっちゃいますね。ただ、好きな俳優が出てるCMとかは自分の興味に関係なくついつい見てしまいますね。

フレーズが印象的なCM(30代男性)

特徴的なフレーズを繰り返す系のCMなんかは、子供の食いつきが良いですね。3~4歳の子供なんかは覚えた言葉をひたすら繰り返す年頃なので、子供が真似しすぎるあまり僕や妻までCMソングが頭を離れない状態になってしまいました。

CMソングが特徴的なCM(10代男性)

好きなバンドの曲とかがかかってるCMは見ちゃいます。好きなアーティスト以外でもCMでいい曲が流れてると、ネットでアーティスト名や曲名を探したりするのはよくありますね!

何のCMかわからないCM(20代男性)

悔しいですが、「何をPRしたいのかよくわからないCM」はネットでついつい検索してしまいます。検索して自分に興味のないものだったときのガッカリ感は半端ないですが!